朝と夜の身長差

こんにちは!「街を美しくする仕事」外壁塗装専門店 麻布川越営業所吉沢です。

 

 

朝と夜で身長を測ってみると、子供では約1.3㎝、大人では1.8㎝ほどの差が生じるそうです

人間の骨と骨の間にある椎間板が大きく関係していることのこと

 

椎間板はクッションのようなもので、水分を含んだ軟骨でできた板状のものです

水を吸ったスポンジは力が加わると潰れて薄くなります

これと同じ現象が椎間板にも起こります

 

夜寝ている間は体は横になっているため重力がかからず、椎間板の厚さは大きくなりますが

体を起こしている日中に、重力によって椎間板に力が加わり薄くなるのです

 

重力のない宇宙空間で過ごす宇宙飛行士は、地球帰還直後には5㎝ほど背が高くなっているそうで

これも同じ理由と考えられているとのことです

 

朝測る身長が一番高いということなのですね…🤔

 

 

 

 

Page Top