ジャパンタクシー

こんにちは!「街を美しくする仕事」外壁塗装専門店 麻布川越営業所吉沢です。

 

 

 

セドリックやクラウン型のタクシーに加えて、最近多く目にするようになった『japan Taxi』

背の高いワゴン型のタクシーです

 

2017年の新型のタクシーとして発売されました

 

今年開催予定だったオリンピックを盛り上げようと導入されたタクシーです

日本の『おもてなしの心』が反映された、さまざまな人に優しい新型タクシーなのだそうです

 

背が高く、車内は広くゆったり座ることができ、スライドドアで乗り降りがスムーズ

フラットな床に、助手席を畳めば車いすの乗車も可能…

 

何度か乗車したことがありますが、確かに快適な空間になっています🤔

 

ドライバーさん曰く、加速がスムーズで視界が広く運転しやすく、LEDヘッドランプでライトが明るく

狭い道にも対応しやすいとのことです

 

なぜこんなに詳しくなったかといいますと…🚕

先日、乗車したタクシーの運転手さんが

「いつも乗ってるジャパンタクシーに不具合があり、久々の旧型タクシーで感覚がつかめなくて…」と

ジャパンタクシーとの操作パネルの位置の違いや、明るいヘッドランプに目が慣れてしまっていたので…とのことでした

「長い間、旧型のタクシーを運転していたはずなのにね…慣れてしまうとダメですね」と

その他いろいろと、ジャパンタクシーについて教えていただきました

もちろん安全運転をいただきまして、無事に帰宅いたしました😅

 

都内では多くのタクシーがジャパンタクシーの切り替えているそうですが

埼玉県内のタクシー会社では、オリンピックの延期に伴い、予定していた台数までの切り替えができていないとのことです

 

乗車されるお客様にもドライバーさんにも優しいジャパンタクシーが、多く普及されるといいですね

Page Top